ホール・施設を利用する

自主事業

最新の記事

近代水道創設130年記念公演
横浜市民ミュージカル
アクアの肖像~ある家族の物語~

12月11日よりチケット発売開始。
※関内ホールチケットカウンター電話予約受付は12月12日からとなります。

広瀬和生太鼓判
関内寄席ねくすと vol.2

落語評論家゛広瀬和生”一押しの“二つ目噺家”をピックアップする新企画の第2弾。
次代を担う4人の若手噺家が吉野町市民プラザで競演!!

【出演】柳亭小痴楽 / 三遊亭粋 / 川吉笑 / 立川こはる

馬車道陽だまりコンサート 出張!あなたの街で一緒に歌おう!
~馬車道より あなたの街へ・・・~

横浜市民広間演奏会所属アーティスト出演の、こどもから大人まで誰もが楽しめるカジュアルなクラシックコンサートシリーズ。
関内ホール休館期間中の今回は、会場を横浜市磯子公会堂で開催します。

大人気!客席参加の合唱コーナーも充実した内容でお贈りします。

市民映像ディレクター講座

テレビ番組の制作スタッフから、動画制作の基礎や撮影のノウハウを学び馬車道通りの風景・様子を撮影、編集して地域情報の発信を体験します。

※講座ではスマートフォンを使用しますので、ご自身でご用意ください。

映像ディレクター講座の申込フォーム

https://www.yokohama-tvkcoms.com/~form/kannaihall/director.html

または、info-m@kannaihall.jp からお申し込みください。

※メールでのお申し込みの際は、お名前・年齢・メールアドレス・電話番号を明記の上、件名を「映像ディレクター講座」としてお送りください。

会場をtvk 大会議室(5階)と案内をしておりましたが
2階第1会議室に変更となりましたのでご注意ください。

関内寄席 桂歌丸落語会
~桂歌丸が認めた若手噺家との共演会~

関内ホールチケットカウンター取り扱い分終了いたしました

関内寄席シリーズ恒例の「桂歌丸落語会」
今回は、歌丸師匠が認めた若手噺家との共演を楽しみます。
歌丸師匠の長講一席は「鼠(ねずみ)」を口演。

地元横浜が生んだ落語界の至宝“桂歌丸師匠”円熟の話芸をたっぷりとご堪能ください。

出演:桂歌丸 、三遊亭遊雀、ボンボンブラザース、柳亭小痴楽 ほか
三味線:古田尚美

チケット発売日:平成29年9月9日(土)午前10時

馬車道まつりアートフェスタ2017

馬車道まつりアートフェスタ2017
2017年10月31日(火)11月1日(水)2日(木)3日(金祝)
馬車道商店街・劇場がアートでいっぱい!みんなで出かけよう!!

2017アートフェス申込.jpg

関内寄席
柳家小三治 柳家三三親子会

当代随一の噺家“柳家小三冶”と愛弟子“柳家三三”が揃って関内寄席に登場! 江戸落語の小粋な風情を存分にお楽しみください。

写真 2017-10-29 16 10 40.jpg

DANCE in LIFE Yokohama vol.6
CAT-A-TAC Presents 二人会
藤田善宏・村田正樹 ニヴァンテ『ライトな兄弟』

本公演には関内ホール”アンバサダー”にご参加いただき、コンサートの感想を頂戴いたしました!


【アンバサダーOさん】
ダンスとお芝居? ミュージカルじゃないね、タップダンスは苦手だな~と思いつつ開演時間になり、
司会者さんの緊張感をほぐすホッコリした本編への導入でしたね。
開演前は小さい子供が気になりましたが司会者の一言で気にならなくなり、お見事でした。
よくある放蕩息子、性格の違う兄弟、有りそうな遺産金を使い果たす話から舞台に引き込まれました。
この物語では、軍隊に図面を取られなくて良かったですね。空を飛ぶことは皆んな憧れ!
ダンスとドラム演奏は絶妙な演出と思いました。タップダンスは物語の流れの中で楽しんで見ることが出来ました~。
【アンバサダーMさん】
目と耳が、まるで釘付けされたように舞台から離れない。
体の内臓までがリズムに揺さぶられる。
小さな子供から大人まで、皆が楽しそうに笑い、あちこちから自然と拍手が沸き起こる。
こんな舞台を私はかつて見たことがありません。

その舞台の幕開けは、想像も付かない場面でした。
大きな遺影と響き渡る木魚の音。次々と焼香をして泣き崩れる人々。
何やらとてつもない物語が始まりそうな不安と、そして妙な期待感。
父親が遺産として残した飛行機の設計図を見て飛行機作りに挑むライトな兄弟というオリジナルなストーリーが徐々に観客に伝ってきます。そこに、素晴らしくテンポの良いダンスとリズム感良いパフォーマンスが上手く絡んで、見ている人たちを魅了していきます。
ダンスのテンポは時にスロー、そしてどんどんテンポアップして、また突然フリーズしたり。その息の合った動きは快感そのものです。
タップダンスの足の動きも良かったし、タップの音をストーリーの音響効果としてうまく使っていたのも面白かったです。

またLEDライトをうまく利用して効果を出していたのも良い発想でした。

ナレーターとダンサーの2役をこなしていた彼の、少しとぼけたような独特の面白い個性が、ストーリーにより味を加えていました。

時間の過ぎるのを忘れるほど、本当に楽しい舞台を観ました。
観たあともずっと、その心地よいリズムが耳と体に残っていました。
ほのぼのとしたストーリーのエンドロールが瞼の裏に浮かびました。

また彼らの作品を観る機会があったら嬉しいです。 

 

関内寄席
三遊亭小遊三 林家たい平 二人会

チケット完売いたしました

ページのトップへ戻る